飲み過ぎた時の頭痛、早く治る対処法は?

せっかく気持ち良く、美味しく飲んでいたのに、こんなにズキズキとしつこい痛みが待っていたなんて、もう最悪。

頭の中に手を入れて、痛い部分をごっそり掴んで捨てたい気分。

いつもいつも頭痛薬に頼るのもどうかと思うし…。

とりあえず早く治したいっ!!

飲み過ぎた時に起きる頭痛

  • アルコールが血管を広げてしまう
  • 脱水が起きている
  • アセトアルデヒドの分解が間に合っていない

この3つが主な原因。詳しく見ていきましょう。

アルコールが血管を広げてしまう

まずは、そのメカニズムを知っておきましょう。

アルコールが体内に入ると、そのアルコールを早く体の外に出そうとし、血流が良くなって血管が広がります。

その広がった血管が周りにある神経を圧迫してしまい、頭痛が起こるというワケ。

要するに片頭痛なのです。

脱水が起きている

また、アルコールが分解・解毒される過程で、体内の水分が使われるので、脱水の状態になり、頭痛が起きちゃう。

アルコールは利尿作用があるので、飲んだ量以上に水分が失われていることを忘れないことが大切。

血液中の水分がアルコールの分解に使われてしまうから、血液はドロドロの状態。

頭痛とお別れするためには、しっかり水分補給をすることが一番大切。

アルコールを体に入れたら、今度はなるべく早く体外に出しちゃおう。

アセトアルデヒドの分解が間に合っていない

アルコールは体内に入ると、アセトアルデヒドという強い毒性のある物質に分解され、その後、水と二酸化炭素に分解、そして身体の外に排出されるという仕組み。

たくさんのアルコールを摂取すると、そのアセトアルデヒドの分解が間に合わず、頭痛や吐き気を起こすのです。

あんまり飲み過ぎない方がいいってことだね・・・。

やっぱり自分の適量を知っておかなくちゃ。

まずは水分!

飲み過ぎた時の頭痛はどうしたら治るかってこと。

まずは水分補給。失った水分はしっかり取り戻さなくちゃ。

そんな時は、体に素早く吸収されるスポーツドリンクがおススメ。

肝臓はアルコールを分解する時に糖分を使う為、糖分が含まれているスポーツドリンクが一押し。

カフェインに感謝

また、血管が広がっている時は、コーヒーや緑茶などを飲むのが有効です。

こんな時はカフェイン様様。

  • カフェインは広がった血管を収縮してくれる作用がある。
  • アセトアルデヒドの分解を早める効果も持っている。
  • 利尿作用もあるので、アルコールを排出するのを手伝ってくれる。

だからといって、カフェインも飲み過ぎないように。

何事も適量、適量。

あま~く治して

はちみつも優れもの。

果物には殆ど含まれていない果糖の一種が、アルコールの分解を促進、頭痛を軽減。

お酒を飲む前、飲んだ後、翌朝でも有効。

意外な物がお役立ち。

Bottled honey

スポーツドリンクは常備しておこう

同時に吐き気がある場合は、思い切って吐いてしまうのもいいかも。

とにかく身体の外に出すことが、早く治すことに繋がるからね。

スポーツドリンクは、ぜひ常備しておきたいもの。

飲み過ぎた時だけでなく、発熱などで素早い水分補給が必要な時はこれが一番!

とにかく水分を摂る習慣を

出来れば飲む前に水分を多めに摂取しておいたり、飲んでいる時も、合間合間に水分を摂っておくと、頭痛が起こりにくいとのこと。

アルコールを飲むと血液がドロドロになっちゃうのなら、普段からマメに水分を摂るようにして、血液をサラサラに保っておくのも大事ってことだよね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
harunatsu

harunatsu

投稿者プロフィール

書くこと好き・焼き鳥好きのオバハンライターです。ライターとしては、まだまだ新人。
耳をダンボにして、いろんな情報をリサーチしている毎日です。美味しいお酒が飲めるよう、今日もお仕事頑張りまっせ♪

この著者の最新の記事

あわせて読みたい人気記事

Sorry. No data so far.

ページ上部へ戻る