飲み過ぎた時の翌日の下痢の治し方

お酒を飲んだ翌日。何だかお腹の辺りが変な感じ。

昨日は何ともなかったのに、明け方頃からお腹がグルグル言い出した。

何か悪い物食べたっけ?

これはヤバい。早いところ何とかしなきゃ。

どうしたら早く治せる?

棘はないけど、毒がある・・・

そもそもアルコールは、体内に入ると毒物以外の何物でもない存在。

きれいな花には棘がある。

美味い酒には毒がある。

うん、うん、そういうことだね。

アルコールは体内の全ての物に、ダメージを与えながら通過。

もちろん飲んだ量が多ければ、それだけダメージも大きくなるってこと。

そんなに傷付けないで

ビールや酎ハイには、やっぱり唐揚げやポテトなどの揚げ物が相性抜群!

なんだけど、これも胃腸にはダメージに。

アルコールという毒物と油たっぷりの揚げ物は、胃腸をいじめているようなもの。

アルコールが通過したことで、既に胃腸は傷付いてしまっているので、なるべく消化の良い食べ物を摂ることが大切。

消化の良い物を知っておこう

消化の良い食べ物とは…

  • 豆腐
  • じゃがいも
  • 長いも
  • 里芋
  • 大根
  • かぼちゃ
  • にんじん
  • キャベツ
  • 白身魚
  • 鶏ささみ

本当はお粥やうどんがベストだけど、お酒を飲みながらのタイミングでは、あんまり食べないよね。

かといって最後に食べるのは太る原因。

だから上記の食品を挙げてみました。

やっぱりやわらかく野菜を煮込んだ料理などがいいみたい。

但し食物繊維が多い物はNG。

R0016196

消化の良くない物もチェック

消化の良くない物

  • 揚げ物
  • さつまいも
  • ごぼう
  • たけのこ
  • れんこん
  • きのこ
  • こんにゃく
  • 青魚
  • いか
  • たこ

これらを意識して、おつまみを食べることが出来ればいいよね。

元々あまり胃腸が強くない人は、特に意識してみて。

蠕動運動(ぜんどううんどう)って?

「消化管などの臓器の収縮運動。

食べた物を食道から直腸まで移動させる運動を指す。

自律神経による働きなので、意識的な調整は出来ない。」

要するに私達の身体の中で自然に行われていること。

アルコールを摂取すると、この蠕動運動が活発になり、ちゃんと消化出来ずに通過してしまうことが下痢の原因。

そうでなくてもアルコールが通過したことで、胃腸がダメージを受けているから、まともな働きが出来ない状態。

これじゃあ、消化不良になるのは仕方のないことかも。

一番大事な水分補給

アルコールは体内で分解される時に血液中の水分を使っています。

その上、利尿作用もあるから、身体からどんどん水分が失われてしまう…。

飲酒後は脱水状態にあるといっていいでしょう。

それも、もちろん下痢の原因のひとつ。

これは積極的に水分を補給するのが一番。

吸収が早いスポーツドリンクなどがベスト。

冷やした物ではなく出来れば常温の方が、より吸収も早いしお腹にもやさしい。

一度にたくさん飲むのではなく、こまめに補給していくことがポイント。

回復はじっくりゆっくり

あとは、お腹を冷やさないことも大切。

温かくして安静にし、胃腸もゆっくりさせてあげましょう。

すぐに普通の物を食べたりして胃腸に負担をかけると、また元に戻っちゃいますからね。

ここはじっくりゆっくりと。

まずは温かい飲み物や消化の良い食べ物からスタート。

身体に優しい物を摂るように心がけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
harunatsu

harunatsu

投稿者プロフィール

書くこと好き・焼き鳥好きのオバハンライターです。ライターとしては、まだまだ新人。
耳をダンボにして、いろんな情報をリサーチしている毎日です。美味しいお酒が飲めるよう、今日もお仕事頑張りまっせ♪

この著者の最新の記事

あわせて読みたい人気記事

Sorry. No data so far.

ページ上部へ戻る